今週は競馬の祭典、日本ダービー(G1、芝2400メートル=26日、東京)が行われる。

メイショウテンゲン(牡、池添兼)は全休日の月曜朝は、馬房で過ごした。担当の土屋助手は「馬房では落ち着いている。扱いやすい馬。(中間も)順調です」と話した。

前走・皐月賞(15着)は「若さが残る。フワフワして前に進んでいかなかった」と敗因は明らか。「気持ちひとつで2走前(弥生賞)くらいは走れる」と言うように、巻き返しは十分可能だ。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ