<平安S:追い切り>

土曜京都メインの平安S(G3、ダート1900メートル、18日)へ向けて15日、チュウワウィザード(牡4、大久保)が最終リハを行った。坂路を軽快に駆け上がり4ハロン52秒8-12秒2。併せたダノンレグナム(3歳未勝利)に先着した。大久保師は「先週にしっかり負荷をかけているので、今週は軽めに」と予定通り。それでも時計は優秀で切れ味も十分だった。

前走のダイオライト記念は、2番手追走から抜け出して4馬身差の快勝。ここ3走は重賞で1、2、1着と安定感ある走りを続けている。「真面目で崩れない。今回の結果次第で帝王賞(統一G1、ダート2000メートル、6月26日=大井)へ行きたい」と師。統一G1取りへ好ステップを踏むか。【網孝広】

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ