<新潟大賞典:追い切り>

オープン昇級即、重賞に初挑戦するロシュフォール(牡4、木村)は3頭併せの真ん中で馬なりのまま最先着した。

エクセランフィーユ(3歳未勝利)に先行して半馬身、ラムセスバローズ(古馬1000万)を追走して1馬身、それぞれ前に出た。時計は4ハロン54秒7-12秒9。木村師は「いつも通りかなという感じ」と評価する一方で「前半遊びすぎていて、ずるをするところがある。週ごとに良くはなっているが」と課題も口にした。ただ左回りは4戦全勝。ルメール騎手騎乗で魅力はたっぷりだ。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ