<新潟大賞典:追い切り>

29日月曜に行われる新潟大賞典(G3、芝2000メートル)で重賞に初参戦するメールドグラース(牡4、清水久)が24日、Cウッドで追い切られた。

コーナーでは外を回りながら、直線でパワフルに伸びて6ハロン82秒5-12秒3。清水久師は「前走後はここを目標に調整。仕上がりはいい」と納得の表情だった。今年になって1000万と1600万を連勝。「集中して走れるようになり力を出せるようになった」と精神面で成長した。相手が強くなるここでどれだけやれるか、試金石の一戦だ。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ