28日香港シャティンでのクイーンエリザベス2世C(G1、芝2000メートル)に出走予定の日本馬が22日、シャティン競馬場のオールウエザーコースで体を動かした。

ウインブライト(牡5、畠山)に乗った木場迫調教助手は「輸送は問題なく日本と変わらない状態でいたって元気」と話した。ディアドラ(牝5、橋田)とリスグラシュー(牝5、矢作)はキャンターで1周半した。

チェアマンズスプリントプライズ(G1、芝1200メートル)に出走するナックビーナス(牝6、杉浦)も馬場入りし、田面木調教助手は「初日にしては落ち着いていた」と話した。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ