3日間開催と平成のJRA重賞を締めくくる新潟大賞典(G3、芝2000メートル、29日)は新星ロシュフォール(牡4、木村)に期待したい。

1000万、準オープンと特別戦を連勝中で今回が重賞初挑戦になるが、5戦連続で上がり3ハロン最速をマークしている末脚自慢だ。太田助手は「前走(アメジストS)は強い競馬でした。この馬の能力を発揮できれば」とコメント。昨夏に新潟外回りで500万を勝っており、コース相性もいい。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ