今週の日曜京都メインは平成最後のG1、天皇賞・春(芝3200メートル、28日)が行われる。

日経賞を勝ったメイショウテッコン(牡4、高橋忠)は心身ともに充実してきた。

中塚助手は「競馬にいってからの落ち着きが以前とは違う」と話す。14着に敗れた菊花賞時とは精神状態が違うようだ。2度目のG1挑戦。「前走は力を出して、いい内容で勝ってくれた。力を出し切って、それに結果がついてくれば」と期待していた。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ