中山グランドJ2着のシンキングダンサー(牡6、武市)は今後の状態を見て、順調ならば東京ジャンプS(J・G3、3110メートル、6月22日)出走を視野に入れる。

絶対王者相手の好走を振り返った武市師は「オジュウチョウサンにとって厳しい展開というのもあったけど、厩舎としても『勝負してほしい』と金子騎手の背中を押せるだけの状態で送り出すことができました。6歳ですし、この先J・G1を勝つチャンスが来てくれれば」と話した。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ