<クイーンエリザベス2世C:国内最終追い切り>

香港のクイーンエリザベス2世C(G1、芝2000メートル、28日=シャティン)に出走するリスグラシュー(牝5、矢作)が17日、坂路で国内最終追い切りを行った。

4ハロン53秒1-11秒8で、古馬1600万タイセイトレイルを2馬身追走して1馬身先着。手綱を取った坂井騎手(レースはマーフィー騎手)は「ある程度しっかりやりました。追い切りはいつも動く馬だけど、相変わらずしまいの反応は素晴らしかった。落ち着いているし、息遣いも問題ない」と合格点を与えた。きょう18日に出国する予定。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ