<フローラS:追い切り>

オークス出走権をかけて争われるフローラS(G2、芝2000メートル、21日=東京、2着まで優先出走)の追い切りが17日、東西両トレセンで行われた。美浦では2勝馬のウィクトーリア(小島)がウッドコースで3頭併せで追い切られ、今レースで初騎乗の戸崎騎手が感触を確かめた。

後方からでも、前にいても大丈夫。戸崎騎手はその両方での感触を確かめた。まずは後方から。シゲルコハク(3歳未勝利)、コンダクトレス(古馬500万)を6馬身後ろから追いかけた。折り合いはぴったり。次は前に出てどうかだ。抜群の手応えで直線で2頭を抜くと、2馬身の差をつけたままでゴールした。時計は4ハロン53秒8-12秒8。絶好の動きに鞍上も納得の表情。「(前でも後ろでも)どちらから行ってもいいと言われたので後ろからの感触を見た。問題なかった。前に行くとギアが上がるし、乗りやすかった」と絶賛した。

ただ、これまでレースで結果が出ているのは逃げたとき。「どこからでも競馬をできるはずだけれど、なぜか逃げたときにしか結果が出ていない」と小島師は不思議そうに言う。調教では馬の後ろでも折り合ったが、結果が出ている以上、今回も逃げに徹する。「逃げないで負けると納得いかないでしょう」とトレーナーは逃げ宣言。自分のスタイルに徹して押し切りを狙う。【三上広隆】

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ