12年から18年まで7年連続でリーディングサイヤーとなったディープインパクト(牡17)が、今年の種付けを取りやめたことが、分かった。同馬は例年通り、2月のシーズン開始から交配を行っていたが、3月に入ってから首に痛みが出たため、種付けを中止した。来春に誕生予定の産駒は20頭前後になる見通し。命に別条はなく、今後は来年に備えて療養する。

同馬の繋養(けいよう)先である社台スタリオンステーションの徳武英介氏は「首が痛くて種付けを中止しましたが、現在は痛みはないと思います。力を入れるときにバランスを取れない時があるので、それで危ないところもあるので。馬のリズムと体が一致しないというか・・・。小学校の運動会で転んでしまうお父さんのような感じですね。今回のお休みは大事をとって、ということです」と説明した。

ディープインパクトは現役時代に14戦12勝。05年に皐月賞、ダービー、菊花賞の牡馬クラシック3冠を制覇し、06年有馬記念でG1・7勝目を挙げて引退。翌07年に種牡馬入り。4頭のダービー馬(12年ディープブリランテ、13年キズナ、16年マカヒキ、18年ワグネリアン)や国内外G1・7勝馬ジェンティルドンナなどを輩出した。18年から種付け料は国内歴代最高の4000万円に設定されていた。

  1. お得な新入会プラン登場!【極ウマ・プレミアム】でG1を当てよう!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】