オジュウチョウサン(牡8、和田正)の中山GJ(J・G1、芝4250メートル、4月13日)への参戦が19日、決まった。19日、和田正師が明らかにした。

鞍上は石神騎手。有馬記念9着後、11カ月ぶりの障害戦となった9日の阪神スプリングJを快勝。次走は天皇賞・春(G1、芝3200メートル、4月28日=京都)と両にらみだったが、賞金順で除外の可能性があり、中山GJでレース史上初の4連覇を目指すことになった。

和田正師は「オーナーと相談し、4連覇を目指すことが決まりました。前走後はレース後の通常のダメージはありますが、問題ありません」と話した。同馬は千葉県の和田牧場へ放牧に出ており、今週末か来週に帰厩予定。中山GJ後はファン投票での出走の可能性がある宝塚記念(G1、芝2200メートル、6月23日=阪神)を視野に入れている。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ