一昨年12月の落馬で頸椎(けいつい)骨折の重傷を負い、休養中の吉田豊騎手が13日、調教騎乗を再開した。先月31日に骨を固定していたボルトの除去手術を受けて成功。まだ首の傷痕は痛々しいが「もう大丈夫です」と表情は明るい。

昨年12月にはいったん調教に乗っており、今月末の検査でOKが出れば、3月の中山開催復帰を目指す。「今日は3頭に乗りました。まだ腫れもあるし、しびれる感じも残ってますが、騎乗に問題はありません」。春のG1シーズンに、東のユタカが帰ってくる。

  1. コンピ予想バトル開催! 参加者募集中!
  2. ニッカンAI予想アプリ