<東京6R>◇11日=東京◇3歳新馬◇芝1600メートル◇出走16頭

東京新馬戦6R(芝1600メートル)は、3番人気のノヴェリスト産駒テイクザヘルム(牝、安田翔)がデビュー勝ちした。

道中は中団につけて直線では外から末脚を伸ばし、2着の1番人気ボマイェに1馬身半差をつける快勝だった。勝ち時計は1分35秒9。戸崎騎手は「体の緩さを感じますが、レースセンスは良かった」と評価した。8日に東京競馬場に到着。開催中止となった9日に加え、10日もレース前に同騎手が調教をつけていた。1度、放牧に出される。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ