<きさらぎ賞:追い切り>

ディープインパクト産駒のヴァンドギャルド(牡、藤原英)は、見るからに軽快なフットワークで登坂。楽な手応えで4ハロン53秒9-12秒4をマークした。

「順調にきている。ずっと使っているけど、状態が上がるように調整してきた」と藤原英師は納得の表情。ホープフルSは不利を受けて6着に終わったが、スムーズなレースができれば当然、巻き返しが可能だ。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ