障害から平地に転向し、昨年の有馬記念(9着)出走が話題を呼んだオジュウチョウサン(牡8、和田正)が、障害戦に復帰することが18日、分かった。長山尚義オーナーが明かした。

春は3月9日の阪神スプリングJ(J・G2、芝3900メートル)で始動。16~18年に圧勝している4月13日の中山GJ(J・G1、芝4250メートル)で4連覇を目指す。障害の2戦は石神騎手とコンビを組む。

その後は体調次第だが、平地との二刀流継続で宝塚記念(G1、芝2200メートル、6月23日=阪神)参戦も視野に入っている。長山オーナーは「昨年、武豊騎手で有馬記念に出るという夢がかなった。今年はまず障害で頑張ってもらいたい。将来は種牡馬にしたい」と語った。同馬は現在、放牧で疲れを癒やしている。和田正師は「腰、胃腸、気持ちも含めて回復してきました。2月上旬には入厩可能になると思います」と帰厩の見込みを語った。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ