昨年10月13日の新潟6Rで競走距離を錯誤し、3カ月の騎乗停止処分を受けた山田敬士騎手(21=小桧山)が14日の中山で復帰を果たした。

1R前のパドックでは同騎手の横断幕が掲げられるなど、歓迎ムードが広がっていた。3Rでは制裁を受けたペイシャエリートと同じ北所直人オーナーの所有馬のペイシャラトゥールにも騎乗。オーナーからの激励も受け、この日4鞍で最高着順となる8着に健闘した。

山田騎手は「今日は罵声じゃなくてよかったです。実際に競馬に乗ると、感覚にずれがありますね。小桧山師も無事に回ってこいと声をかけてくれました。どうにか結果を出せるように頑張りたい」と出直しを誓った。12日の土曜に厩舎で頭を五厘刈りにして心機一転。再び勝負の世界に戻ってきた。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ