<カペラS:追い切り>

カペラS(G3、ダート1200メートル、9日=中山)に出走するブラゾンドゥリス(牡6、尾形)は、藤田菜七子騎手と初のコンビで重賞2勝目を狙う。5日は同騎手を背に美浦ウッドでグラスレオ(古馬1000万)と併せ、5ハロン69秒0-13秒2を計時。力強い動きで駆け抜け、調子の良さを示した。同騎手は「直線は良い感触でしたし、良い走りをしてくれました。この馬の良いところを引き出せるような競馬ができれば」と話した。同騎手にとって11月11日福島記念以来の重賞挑戦となる。重賞は気合が入るかと問われ、「そうですね」と笑顔を見せた。

同馬は冬と相性がいい。尾形師が「状態はいい。冬はこの馬にとって良いシーズン」と話すように、12月から3月のレースで【3 2 3 4】と好成績を残している。同騎手も11月3日以降の1カ月で7勝と絶好調。勢いのある人馬の重賞勝利に期待がかかる。【三嶋毬里衣】

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ