<香港ヴァーズ:追い切り>

クロコスミアが日本馬で唯一、火曜追いを行った。芝コースで半マイルを単走。徐々にピッチを速め、後半2ハロンはハロン12秒を切る速度で軽快に動いた(全体は49秒0)。

手綱を取った坂井騎手(レースは岩田騎手)は「ペースを上げて、でもやりすぎないように。指示通りいい追い切りができたと思います。すごくいい雰囲気。このような機会を与えていただいたオーナーや関係者の方に感謝したいです」と好感触。前走エリザベス女王杯は2年連続2着。父ステイゴールドに続き香港でG1初制覇を狙う。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ