藤田菜七子騎手(21=根本)が2日の中山4R(芝1800メートル)を6番人気のヴィエナブローで制し、今年JRA27勝目を飾った。3番手から直線楽に抜け出し、2着に3馬身差の会心の騎乗。1日の中京6Rに続く2日連続の勝利に、藤田騎手は「今週の追い切りに乗せてもらい、いい状態で、いい馬と思っていました。感触をつかんでいて、自信を持って乗りました。いいレースだったと思います」と笑顔で話した。

JRA通算は47勝目で、地方交流競走の4勝と合わせて51勝。今週から見習い騎手の減量特典は現在の2キロ減から1キロ減に変更となる。JRAは先月20日に女性騎手限定の減量特典の実施を発表。これにより、来年3月1日から藤田騎手は3キロ減(通算100勝を超えても2キロ減は永続保証)となるが、それまでの約3カ月は1キロ減での騎乗となる。藤田騎手は「1キロ減になっても変わらず、しっかりと、結果を残せるように大事に乗っていきたい」と気を引き締めていた。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ