11日の京都6Rで落馬負傷した幸英明騎手(42)と和田竜二騎手(41)はともに復帰まで時間を要することが14日、分かった。

右肘開放粉砕骨折と診断された幸騎手は13日に手術を行い、無事成功した。全治は6カ月。「先生から『予想以上に手術はうまくいった』と言ってもらいました。休みが無駄にならないようにリハビリして、復帰すれば今まで以上のパフォーマンスを見せたい」と気丈に話した。また、和田騎手は肋骨(ろっこつ)を4本骨折。「年も年なので年内かどうかは分からないけど、体と相談しながら復帰を目指します。万全で帰れるように頑張ります」とコメントした。

両騎手がマイルCSで騎乗予定だった馬ではジュールポレールは幸騎手から石川騎手に、レーヌミノルは和田騎手から四位騎手に乗り替わりとなる。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ