エリザベス女王杯で念願のGI初制覇を果たしたリスグラシュー(牝4、矢作)は一夜明けた12日、栗東の馬房で過ごした。

G1で4度も2着に泣いてきただけに、担当の北口厩務員は「ここまでほんまに長かった。モレイラ騎手はすごい。うまいよ」と笑顔を見せた。

次走は、予備登録している12月9日の香港カップ(G1、芝2000メートル、シャティン)か同マイル(芝1600メートル)、有馬記念(G1、芝2500メートル、中山=12月23日)が候補に挙がっている。

  1. 「2020種牡馬博覧会」写真つきで紹介
  2. 回収率100%超!ニッカンAI予想