連覇を狙うモズカッチャン(牝4、鮫島)は追い切り翌日、運動でほぐした。「変わりなく順調ですよ」と鮫島師。

前走の札幌記念ではダッシュがつかず後方からの競馬になったが、上がり最速36秒0の脚で3着まで食い込んだ。「いい脚で馬群を割ってくれたからね。根性はある」。タイトル防衛へ、女王の精神力を信頼していた。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ