<追い斬り激論:エリザベス女王杯>

女王か、3歳馬か。エリザベス女王杯(G1、芝2200メートル、11日=京都)の追い切りが7日、東西トレセンで行われた。「追い斬り激論」では、史上4頭目の連覇を狙うモズカッチャン(牝4、鮫島)を推す木村有三記者と、秋華賞3着の3歳馬カンタービレ(牝、中竹)を推す辻敦子記者が激突。キャリアを積んだ実績馬か、若く、勢いのある馬か。

辻 うーん。

木村 どうした? 

辻 予想が難しいです。去年はモズカッチャンが本命でしたが、2着クロコスミアが無印。悔しいレースでした。

木村 残念や。今年こそ! 

辻 頑張りましょう。追い切りを見て、どの馬が気になりましたか? 

木村 去年の女王、モズカッチャンやな。坂路で4ハロン54秒4-12秒5。併せたタガノディアマンテ(2歳未勝利)に3馬身先着した。力強い伸びで、鮫島師も「時計はかかっているが、十分に伸びた。状態はいい」と話していたよ。

辻 攻め駆けするタイプではないし、時計よりも内容が大事ですからね。今週は久々に、馬房にいるカッチャンを見ました。体が大きくなっていましたね。顔がちっちゃく見えるくらい(笑い)。去年とは違う馬みたいでした。

木村 鮫島師も「4歳になって、つくべきところに筋肉がついた。パワフルになった」と言っていた。実際、今年は京都記念で勝ち馬に0秒2差の4着。前走の札幌記念は、あり得ない位置から差のない3着まで詰め寄った。勝ち馬はその後の天皇賞・秋で2着。牡馬相手に、これだけいい勝負をしているのは頼もしいね。根性のあるところが好きやな~。

辻 どんな相手にも、食らいついて頑張る馬ですよね。でもでも、私は3歳馬が気になります。去年のカッチャンも3歳。気迫ある走りでした。成長や充実度は古馬に劣るかもしれませんが、若さと勢いは侮れませんよ。

木村 今年の3歳馬は、絶好調ルメール騎手が騎乗するノームコアと秋華賞3着のカンタービレやね。

辻 カンタービレは、去年のモズカッチャンと同じ、秋華賞3着からこのレースに臨みます。

木村 朝一番の坂路で4ハロン54秒1-12秒4か。秋の3戦目。前走も頑張っていたし、反動がちょっと気になる。

辻 私もそこだけが心配でした。でも、最終追い切りの動きを見て安心しました。弾むようなフットワークで、活気があって良さそうです。

木村 今回は古馬と初めての対戦。秋華賞馬アーモンドアイは強かったけど、この相手にどうかな。

辻 私も厳しいかなと思っていました。でも秋のカンタービレは違います。春はとんとん拍子でG1に出ました。いい状態で出すことに全力投球でしたが、この秋は余裕のある過程。バランスや走法の改善ができたようです。

木村 前走は後ろからだったけど、最後はいい脚だった。ああいうレースもできるんやな。

辻 そうですよね。以前は長くいい脚を使う印象でしたが勝ったローズSも前走の秋華賞も瞬発力を見せました。今は切れる脚も使えます。

木村 そうかそうか。辻もここらで、春との違いを見せたいところやな。

辻 秋は本命馬が馬券に絡んでも、相手抜けが多くて・・・。3連複万馬券を逃しています。

木村 今回は相手選びも慎重にな。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ