<福島記念:追い切り>

日曜福島メイン、ハンデ重賞の福島記念(G3、芝2000メートル、11日)の追い切りが7日、東西トレセンで行われた。藤田菜七子騎手(21=根本)が初騎乗するトミケンスラーヴァ(牡8、竹内)は美浦ウッドでカーンテソーロ(新馬)と併入。5ハロン70秒2-13秒5を馬なりでマークした。

併せ相手の2歳馬の背にいたのが菜七子だった。重賞でコンビを組むスラーヴァを隣で見る形になったが、1週前追い切りには騎乗した。「操縦性の高い馬。折り合いの心配がない。とても器用な馬なので福島は合っている」と手応えを口にした。重賞は今年9月の新潟記念のベアインマインド(8着)以来で、通算9度目の挑戦。勝てばJRA女性騎手初の快挙になる。「乗せていただくのはありがたいこと。結果が出るように頑張りたい」と闘志を胸に秘めている。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ