ローズS2着のサラキア(池添学)は5番枠から初G1に挑戦する。

山田助手は「枠はどこでもいいと思っていた。状態は申し分ないですよ。五分にゲートを出てほしい」と課題の発馬を気にかけた。この日は栗東Cウッドで軽めの調整。力みを見せず軽快に駆けた。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ