好調ダンサールが8分の4の秋華賞抽選を突破した。前走は500万ながら2着に5馬身差の圧勝。2番手追走から4角で先頭に立ち、後続を突き放した。上がり3ハロン34秒6は最速。好位で脚をためるセンスに加え、瞬発力も披露した。

最終追いは10日に坂路で4ハロン52秒7-13秒0。M・デムーロ騎手を背に馬なりで軽快に駆け上がった。好仕上がりで大舞台に臨む。須貝師は「いい。最高にいい。馬自体の能力が高くて、自分で競馬をつくれる。期待できます」と絶賛の嵐。まだキャリア4戦だが、2000メートルで3戦2勝。抽選突破の運も味方に波乱を巻き起こすか。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ