<追い斬り激論:秋華賞>

栗東では、2冠馬アーモンドアイにひと泡吹かせたい有力馬をめぐり「追い斬り激論」。平本果那記者はローズS2着の新星サラキア(池添学)に期待。一方、柏山自夢記者は2歳女王ラッキーライラック(松永幹)の底力を買う。

柏山 アーモンドアイ、美浦坂路を4ハロン49秒7で上がったんですって。

平本 アーモンドちゃんすごい。目がクリクリの美人さんで、あんなに強くて、そのうえ調教でも頑張りやさんなのね。キラキラ。

柏山 熱狂的ファンに火をつけてしまった・・・。3冠濃厚、同感です。ただ、逆転をにおわせる陣営が多いのもお忘れなく。

平本 春からの逆転は厳しいと思うけどなー。その点、未対戦のサラキアには魅力を感じるかも。

柏山 動きも良かったですね。Cウッドの外いっぱいを回ってラストは11秒5(全体は6ハロン82秒8)軽く促しただけで、ほとんど馬なりでした。

平本 数字はアーモンドちゃんと遜色ないかも。池添学師も「しまいの伸びが良かった。ちょっと促しただけでギアが変わった」とご満悦だったよ。

柏山 前走ローズSの末脚もまさにそんな感じでしたね。ただ、あれは阪神外回り。今回は京都の内回り。しまい勝負の馬には大きな減点材料では?

平本 小倉での2勝目を忘れてない? 勝負どころでひとまくり、直線ではもう好位にいてびっくりしたなー。池添学師も「直線平たんなのはプラスに働くと思う」って。

柏山 うーん。僕は信頼度の高さで、ラッキーライラックを推します。同じく京都は初めてですが、この馬は好位で競馬できるセンスが一番の持ち味です。松永幹師も「前に行く馬が有利(の舞台)。最高だと思います」って断言していました。

平本 ローズSを使えなかった影響が気になる・・・。

柏山 心配無用です。2週続けてCウッドで好時計。最終追いは、ナンヨープルートー(古馬1000万)を馬なりでじんわり引き離しました。「相変わらずいい」と師もあらためて手応えを得たようです。師は騎手時代の96年ファビラスラフイン、そして調教師として09年レッドディザイアでこのレースを優勝。後者は春の2冠馬ブエナビスタを封じました。「思い入れのあるレースなのは間違いない」と力を込めていますよ。

平本 といっても、どの陣営もアーモンドちゃんの話になると「強い」って苦笑いだったなあ。当日の現地取材に向けて、ワタクシも力を入れ始めないと。

柏山 えっ、何を?

平本 3冠祈願の、アーモンドちゃん馬名入りうちわ。

柏山 アイドルじゃないんですから・・・。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ