今夏からフランスに遠征していた松永幹厩舎のジェニアル(牡4)とラルク(牝5)が今日11日付で競走馬登録を抹消されて、フランスの小林智厩舎に転厩することになった。

10日、松永幹師が明らかにした。ジェニアルは7月の仏G3メシドール賞を制し、凱旋門賞当日の7日に行われた仏G1フォレ賞で14着。ラルクは同日の仏G1オペラ賞で13着だった。松永幹師は「2頭ともよく頑張ってくれた。ジェニアルは来年も走りますが、ラルクは来年から繁殖入りする予定です」と話した。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ