<府中牝馬S:追い切り>

春の女王ジュールポレール(牝5、西園)は朝一番の坂路を駆け上がった。2ハロン目から加速し最後までしっかりと追われ、4ハロン52秒5-12秒3。素軽く機敏な走りだった。

「順調に乗り込んで秋初戦としては十分な仕上がり。力は出せる状態にある」と西園助手。

ヴィクトリアマイルは想定した好位ではなく、中団からのレースになったが直線で抜け出しG1を初制覇。西園師は「あれで勝つのだから本当に力をつけた」と評価する。

今回はG1勝利後、初めてのレース。「G1馬として恥ずかしくない競馬を」と西園助手は期待する。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ