15年の有馬記念優勝馬ゴールドアクター(牡7、中川)が引退することが9日、分かった。近日中に登録を抹消し、北海道・新冠の優駿スタリオンステーションで種牡馬入りする。種付け料は50万円。

中川師は「体はいい頃の感じに戻っていたが、気持ちが戻りきらなかった。以前はカッカする面があって、競馬でも燃えていたが、近走は変におとなしくなっていた。今後は牧場で、ゴールドアクターの持ち味である、柔らかくて伸びのある産駒が出てくることを期待している」と話した。通算成績は24戦9勝。重賞は15年アルゼンチン共和国杯(G2)、16年日経賞(G2)、オールカマー(G2)含め4勝。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ