土曜東京メインの府中牝馬S(G2、芝1800メートル)で、重賞2着5回のフロンテアクイーン(牝5、国枝)が待望の重賞初制覇に挑む。

9日は坂路を1本軽快に駆け上がり、今日予定しているアーモンドアイとの併せ馬に備えた。前走クイーンSで完敗したディアドラを筆頭に、ミスパンテール、ソウルスターリング、リスグラシューなどG1級がそろったが、師は「どこかで重賞を取りたい。レベル高いが、ここで勝てれば一番いい」と前を向く。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ