<グリーンチャンネルC>◇8日=東京◇オープン◇ダート1400メートル◇3歳上◇出走16頭

単勝1・6倍のサンライズノヴァ(牡4、音無)が貫禄勝ちした。スタートで出遅れ、最後方を追走する苦しい展開も、直線外から上がり最速35秒4の末脚でナムラミラクルを3/4馬身かわした。勝ちタイムは1分23秒4。

戸崎騎手は「出遅れは覚悟していたが、(発馬直後に落馬し)放馬した馬(ハットラブ)の動きが読めないのは誤算だった。こういう形になれば力を発揮してくれる」。次走は11月10日東京の武蔵野S(G3、ダート1600メートル)で、音無師は「2回に1回は出遅れる馬だけど、内から上がっていけたので良かった。落ち着いて乗ってくれた」と鞍上に感謝していた。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ