<フォレ賞>◇7日=パリロンシャン(フランス)◇G1◇芝1400メートル◇3歳上◇出走15頭

ジェニアル(牡4、松永幹)は14着だった。道中は最後方に待機し、直線は大外から脚を伸ばしたが、勝利には遠かった。

武豊騎手は「状態は良くなっていたし、返し馬の感じも良かった。ラストにかけようと思って乗ったが、滑る馬場を気にしていました」と話し、松永幹師は「折り合いはついていたし、大きく負けたわけじゃない。力は出してくれた」とコメントした。勝ったのは英国からの遠征馬ワンマスター(牝4)。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ