短期免許により日本で騎乗しているジョアン・モレイラ騎手(35=ブラジル)が6日、騎乗停止処分を受けた。

この日の東京9Rでヘリファルテ(1位入線)に騎乗した際、決勝線手前で内側に斜行し、2位入線のブラックプラチナムの進路が狭くなった。到達順位の通りに確定したが、13、14日まで2日間の騎乗停止となった。次週騎乗予定だった13日東京の府中牝馬S(G2、芝1800メートル)のリスグラシュー(牝4、矢作)、14日京都の秋華賞(G1、芝2000メートル)のサラキア(牝3、池添学)は乗り替わりとなる。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ