<テレ玉杯オーバルスプリント>◇24日=浦和◇統一G3◇ダート1400メートル◇3歳上◇出走12頭◇1着賞金2100万円

バンドTUBEのボーカル、前田亘輝さんが所有する4番人気のノブワイルド(牡6、浦和・小久保)が逃げ切り、重賞初勝利を挙げた。

好スタートからネロとのハナ争いを制し、自分の競馬に持ち込むと、迫る2番人気オウケンビリーヴを4分の3馬身差しのいだ。3着に9番人気トーセンハルカゼ。1番人気ウインムートは8着だった。

JRA勢を退けた左海誠二騎手(43)は、開口一番「強いですね」。スタート直前にゲート内で落ち着きをなくしたが、「1完歩でもずれていたら出遅れていたかもしれない。うまい具合に戻ったところで(スタートを)切ってもらって好スタート。楽に先頭に立てた」と振り返った。

11月4日京都のJBCスプリント(統一G1、ダート1200メートル)に直行する予定だ。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!