<神戸新聞杯:1週前追い切り>

ダービー馬がパワーアップ! 神戸新聞杯(G2、芝2400メートル、23日=阪神、1~3着に菊花賞の優先出走権)で始動するワグネリアン(牡3、友道)が12日、1週前追い切りを行った。Cウッドで6ハロン83秒3-11秒9。ダービー4着エタリオウに半馬身、ルタンデュボヌール(古馬1000万)に1馬身先着。手綱を取った福永騎手は「春より背腰がしっかりして、動きの質がさらに良くなった感じ。非常に良かった」と成長ぶりに目を細めた。

友道師は「春は馬場入りも歩いて入れなかったけど、この秋は落ち着いている」と精神面の良化も口にした。併せ馬で遅れたエタリオウについても「より長距離に適した体になってきた。今日はブリンカーを着けた。レースでも着ける」と集中力アップを図る。強力友道勢は秋に向けてスタンバイOKだ。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ