<ローズS:追い切り>

サラキア(牝、池添学)の機敏さが目についた。Cウッドで単走し、馬なりでラスト11秒5とはじけた(全体は6ハロン85秒5)。

春はチューリップ賞、フローラS4着とあと1歩で大舞台を逃した。

池添学師は「気分よく走らせることを心がけました。1800メートルの外回りは一番いいんじゃないかと思っている。秋華賞、その先のためにも」と逆転へ意気込む。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ