<セントライト記念:追い切り>

ダービー15着以来のオウケンムーン(牡、国枝)は、美浦ウッドで併せ馬。サトノエルドール(2歳未勝利)を3馬身追走して馬なりのまま1馬身先着と、貫禄を示した。

時計は6ハロン88秒5-13秒6。2週連続で6ハロンから追って態勢は整った。手綱を取った北村宏騎手は「元気、元気。そんなに無理はしていない。落ち着いていたので良かったです」と評価した。共同通信杯を制した後は皐月賞12着、ダービー15着と2桁着順が続いたが、父オウケンブルースリ、母の父エリシオの血統は菊花賞向き。トライアルを好走して、本番へとつなげる。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ