<ウッドワードS>◇1日=サラトガ(アメリカ)◇G1◇ダート1800メートル◇3歳上◇出走14頭

日本生まれのハーツクライ産駒ヨシダ(牡4、W・モット)がダート初挑戦でウッドワードSを制した。鞍上はジョエル・ロザリオで勝ちタイムは1分48秒94。今年5月に芝のオールドフォスターターフクラシックでG1初制覇を果たしており、芝、ダートの両方でG1制覇の快挙となった。

道中は中団のインを走り、砂をかぶりながらの競馬だったが、3コーナーから徐々に外へ。4コーナーから直線を向くところで大外に持ち出されると、豪快な直線差し切りを決めた。2馬身差2着は人気を集めていたガンナヴェラ。昨年のベルモントS覇者タップリットが8着だった。

ヨシダはノーザンファーム(吉田勝己代表)の生産馬で15年のセレクトセール出身。母ヒルダズパッションは現役時に同じサラトガでダートのG1バレリーナSを圧勝していた。

5月のG1制覇後に英国のクイーンアンSへ遠征したヨシダは5着に健闘。米国に戻った前走は芝のG1で5着に敗れていたが、ダート初挑戦で全米を驚かせるパフォーマンスを見せた。

今後は11月3日にチャーチルダウンズ競馬場で行われるアメリカ競馬の最高峰、BCクラシック(G1、ダート2000メートル)が最大目標になる。昨年はガンランナーがウッドワードSをステップにBCクラシック制覇を果たしており、期待が高まる。

  1. コンピ予想バトル開催中!
  2. ニッカンAI予想アプリ