JRAは6日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕された角居勝彦調教師(54)について、同日付で調教停止とした。

 裁定委員会の議定が下されるまで、昨年の菊花賞馬キセキなど全管理馬78頭は、同日付で中竹厩舎に転厩となる。7日福島11Rタニノアーバンシーなど、出走登録済みの土日6頭の管理馬についても、中竹厩舎の所属馬として出走する。

 JRAは「中央競馬の調教師が道路交通法違反(酒気帯び運転)の容疑で逮捕されましたことにつきまして、皆様におわび申し上げます。本会といたしましては、今回の事案について、厳正な処分を行うとともに、同様の事案の再発防止に努めていく所存であります」とコメントした。

 角居容疑者は11~13年まで3年連続でJRA賞最多勝利調教師を獲得。07年には牝馬のウオッカでダービーを制し、11年にはヴィクトワールピサでドバイワールドCを制している。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ