ドバイ国際競走(3月31日=メイダン)から招待状が届いていたサトノクラウン(牡6、堀)がドバイシーマクラシック(G1、芝2410メートル)、ネオリアリズム(牡7、堀)がドバイターフ(G1、芝1800メートル)に出走することが2月28日、分かった。2頭とも騎手は未定。

 森助手は「2頭とも放牧明けになるけれど、馬体がふっくらとしていて疲れは取れている印象。これから少しずつピッチを上げて調整を進めていく予定です」と語った。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ