「2017年度JRA賞」の調教師・騎手部門が4日、発表された。クリストフ・ルメール騎手(38)がMVJを受賞した。

 JRAと地方、海外の指定レースの成績を勝利度数、勝率、獲得賞金、騎乗回数の4部門の総合得点が最上位の騎手に贈られるもの。51ポイントは戸崎騎手と同点だったが、規定により勝利度数の差で決まった。

 ルメール騎手は昨年、199勝を挙げて外国人初のリーディングを獲得した。「リーディングは(フランス在籍時も含め)初めて。たくさんいい馬に乗った。よかったです」と喜びを語っていた。授賞式は29日に都内ホテルで行われる。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】