<ジャパンC>◇26日=東京◇G1◇芝2400メートル◇3歳上◇出走17頭

 ボウマン騎手が騎乗した5番人気シュヴァルグラン(牡5、友道)がG1初制覇を飾った。

 佐々木主浩オーナーは7度目のG1挑戦で戴冠を果たした愛馬の頑張りに感涙にむせんだ。

 「レース前は1角までの位置取りが大事だね、と話していた。去年は外を回るきつい競馬だったけど、いいところを取れた」とあふれる涙をぬぐった。

 検量室前で友道師を見つけると、力任せに抱き合った。尻尾のない母ハルーワスウィートがけなげに走る姿にほれこみ、産駒全5頭を所有する。この勝利でヴィルシーナ、ヴィブロスに続く3きょうだいG1制覇の偉業を成し遂げた。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ