名馬オグリキャップなどを手がけた元調教師の瀬戸口勉さんが9日午後、急性白血病のため滋賀県内の自宅で死去した。81歳だった。国民的アイドルとなったオグリキャップ以外にも、ネオユニヴァースとメイショウサムソンでダービー2勝を挙げた。騎手ではJRA通算2534戦329勝、調教師としては同8155戦864勝。

 通夜と告別式は親族のみで行い、後日にお別れの会(日時や場所は未定)を開催する予定という。弟子同然にかわいがられた福永騎手は「最期はご家族にみとられながら、苦しむことなく逝かれたと聞きました。本当に(病気の)進行が早く、あっという間のことで驚きです。まだ事態を受け入れられない状況です。瀬戸口先生と(師匠の)北橋先生のお2人がいらっしゃらなかったら、今の自分はないので」と悼んだ。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ