<京都5R>◇15日=京都◇2歳新馬◇芝1800メートル◇出走12頭

 単勝1・8倍のフォックスクリーク(牡、中内田、父ディープインパクト)が1番人気に応えた。

 川田騎手は「こういう馬場(やや重)でしたし、まだ調教の動きをレースで出し切れないと思って競馬を組み立てました。何よりも勝ちきってくれたのが良かったです」と振り返った。次走は未定。

 管理する中内田充正調教師(38)はJRA史上最速(現役153人目)の通算100勝を達成。須貝師の開業後3年7カ月21日を抜く同3年7カ月15日(通算777戦目)での到達だった。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ