NAR(地方競馬全国協会)は16日、平成28年度第3回調教師・騎手免許新規合格者を発表した。騎手では、13年の南関東リーディングを獲得した御神本(みかもと)訓史元騎手(35)が合格した。

 2年ぶりに復帰する御神本元騎手は「応援してくれたたくさんの人に感謝しています。この2年はいろいろ勉強させられた時間でした。やはり自分はこの世界で生きていきたいと思い、必死に食らいついてきました」と話した。15年2月、資格のない者を施術者と偽り調整ルームに入室させたとして長期の騎乗停止処分を受けた。同年3月の免許更新試験で不合格。免許を失効し、その後は所属厩舎で厩務員を務めながら、復帰を目指していた。

 昨年に続く2度目の受験で合格。「長い時間待たせてしまいましたが、払拭(ふっしょく)できるような活躍をしたいし、もっと精進していきたい。気を引き締めてしっかりやっていくので、応援お願いします」と気持ちも新たに臨む構えだ。免許交付は4月1日。復帰日は主催者と相談のうえ決定される。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想