14年オークスを制したヌーヴォレコルト(牝6、斎藤誠)の引退が15日、斎藤誠師から発表された。今後は北海道の社台ファームで繁殖生活を送り、今年はロードカナロアと交配予定。来年以降は海外の種牡馬と交配するプランもある。

 ハープスターを首差抑えたオークスなど重賞4勝。海外でも16年レッドカーペットH(米G3)を制したが、前走の金鯱賞で10着に大敗し、引退を決意したという。斎藤誠師は「あんなに大きな着を拾う馬じゃない。引き際は大事だし、オーナーと相談して引退を決めました。海外遠征を含めいろいろ経験させてもらった。僕の中ではこういう馬はもう出ないと思う。勝ちに行って勝ったオークスが一番の思い出」と感慨深げに話した。通算23戦6勝(うち海外5戦1勝)。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想