全国公営競馬主催者協議会、地方競馬全国協会、JRAは6日、都内で共同会見を行い、2018年(平成30年)のJBC競走を11月上旬に京都競馬場で開催することを発表した。

 JBC競走の魅力をよく多くのファンに伝えることが主な目的。JBC実行委員会の要請を受け、JRA側も了承した。

 同競走は2001年(平成13年)に創設され、地方交流G1のJBC3競走(クラシック、スプリント、レディスクラシック)を1日で開催する地方競馬の祭典で、地方競馬場の持ち回りで実施されている。昨年は川崎、今年は大井で開催予定。同競走がJRAの競馬場で行われるのは初めてで、当面は18年限定。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想