<東京5R>◇19日=東京◇3歳新馬◇芝1800メートル◇出走16頭

 JRA史上初の南半球産の白毛馬カスタディーヴァは(牝、田村)は10着に敗れた。好スタートから3番手を進み、直線は先頭をうかがう見せ場十分の内容だった。

 戸崎騎手は「フットワークがいいです。最後はバテたが、これからが楽しみ」と話し、田村師は「センスは本当にいい。能力は間違いなくある」と評価。ディアレストクラブ高樽代表は「G1の日にたくさんの人にパドックで見てもらえて良かったです。まだ成長途上ですし、次は好勝負できるように」と笑顔だった。放牧に出され、春の東京開催を視野に入れる。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ